遺産相続と年齢

資産家の場合は遺産相続の額が億単位となるケースもあります。
遺産を相続する相続人が未成年の子供であった場合はどのようになるのでしょう。
遺産相続と年齢について考えてみましょう。
まず、遺産相続の権利にはトリプルエックス年齢は関係ありません。
お母さんのおなかの中にいる胎児でも遺産相続人と認められているのです。
さて、遺産相続人が複数の場合は遺産分割協議をしなければなりません。
もちろん、そのことを十分に理解できる年齢ではありませんから、代理人を立てることになります。
通常ならば親となりますが、相続人として利害関係にありますから、祖父等の相続人にならない人が代理人となります。
また、親族に適当な人がいない場合は裁判所が代理人を選任することになります。
注意したいのは代理人は裁判所によって承認されていなければならないことです。
そして、遺産分割協議によって相続が決まった財産は親権者である親が管理することになります。
相続人が子供一人だけであれば遺産分割協議は必要ありません。
しかし、未成年ですから財産に対する後見人を必要とします。
親族が指名した人が後見人として裁判所から承認を受けるか、裁判所が選任することになります。
いずれにしても、遺産相続の権利は大人でも子供でも同じと言うことです。
そのために莫大な遺産を相続することになった子供もいるのです。
世界中には一生かかっても使いきれないような財産を持った子供もいるのですよ。
私たちとは住む世界が違う気がしますね。